予算管理

小さな会社がお金を増やすために欠かせない意外な盲点


売上が増えて、事業が成長するとお金がどんどん貯まっていいことしかないような気もしますが、実際はそう簡単ではありません。
実際に、売上が増えていてもお金が減ってしまって、最悪倒産してしまうこともあるくらい、売上の増加=お金の増加とならない悲しい事実があります。
今回は、このようなことにならないために何が必要なのかについて、書いてみたいと思います。

事業が成長すると出て行くお金も増えてくる

副業や起業し手間がない時など、個人事業主が一人で事業を経営している時にはさほど気にならなかった出て行くお金ですが、事業が成長するとだんだん気になるものです。
お客様が増えて、売上がだんだん増えてくると、当然に仕入や経費も増えますし、スタッフを採用しないと回らなくなったり、毎月出て行く費用が増えていきます。
そうなると、必ず必要となるのが、お金の管理です。
お金の管理をしないで売上だけ追いかけていると、気づけば預金残高が想像以上に減っている・・・、ということがよくあります。

ヒトにまつわるお金の問題

特に、ヒトに関するお金はシビアな問題がつきものです。
例えば、スタッフを採用するのであれば、

  • 給料はいくらにすればいい?
  • 頑張っているから昇給してあげたい・・・
  • 賞与はどれくらい出すべき?

というように、ヒトに関するお金のことで悩みは尽きません。
また、ヒトに関するお金は、想像している以上に経営に大きなインパクトを与えます。
スタッフを採用すれば、給料だけでなく、社会保険や通勤手当、賞与などの人件費はもちろん、机やパソコンが必要であったり、水光熱費なども増えるため、気がついたら想定よりも多くのお金が出ていってしまっていることもよくあります。
だからと言って、スタッフを採用しないと、事業は成長しませんし、何より仕事が回らなくなってしまいます。

借入の返済が始まるともっと大変に

また、銀行から創業融資などを借りている場合はもっと大変です。
返済が始まれば、毎月決まってまとまったお金が預金口座から強制的に引き落とされます。
売上が順調に増えていても、借入の返済が始まれば毎月の預金残高が思ったほど増えないということがあるかもしれません。

経営が突然死しないためのお金の動きを読み方

このように、事業が成長すればするほど、出て行くお金が増えてきます。
そうなると、お金の出入りをきっちり把握し、経営を先読みしていかないと、お金を増やしていくことができません。
ここで重要になるのが、しっかりお金(数字)を意識しながら、経営をシミュレーションすることです。
数字を読みながら、スタッフの給与、昇給、賞与などを決めていくことによって、お金で失敗するリスクを大きく下げることができます。
経営を先読みするシミュレーションをしながら、お金の動きを把握することが、安定した経営のためにとても重要なポイントとなります。

一般的に経営をシミュレーションしようとすると、会計ソフトから会計データをエクセルなどの表計算ソフトにエクスポートし、数字を動かしていくことでお金をきっちり残しながら、お金の使い方を考えることになります。エクセルは非常に便利なツールで、会計データがあれば、基本的なお金の動きの分析はできますし、編集などもできますが、いくつか越えるべきハードルがあります。

まず1点目ですが、お金の動きを分析をするためには、ある程度の会計の知識が必要になることです。特に、管理会計の知識がないと、売上を増やしたら、コストがどのように動いて、利益がどう変わるかといったあたりの関係がよくわからなくなって、手を焼くことになるかもしれません。

次に、エクセルは非常に優れたツールでゼロベースでいろいろなことができるのですが、裏を返せば、ゼロから作らないといけないので、結構大変な作業になってしまいがちです。私たちも以前はエクセルで経営シミュレーションのサポートをしていましたが、私たちプロがやっても、1社あたり毎月1〜2時間はエクセルの作業時間を費やしていました。

ですので、経営シミュレーションをするためには、会計の知識とエクセルなどのスキルがあればよりベターですので、大変かもしれませんが、勉強しながら経営を先読みしてみてください。

ちなみに、簡単に経営のシミュレーションをするクラウドツールもあります。

このクラウドツールを使えば、会計ソフトからデータを連携すると5分で、会計の専門知識がなくても簡単に経営をシミュレーションすることができます。

無料で利用することもできますので、経営をシミュレーションしながら、数字を読んだ経営をしたいという方は、一度試してみてください。

ワンクリックで数字を読んだ経営に変わる

小さい会社の経営を予測するクラウド経営分析ソフト


詳しくはこちら