簡易キャッシュフロー予測

Manageboardでは、決算予測をすることで、将来期間の簡易キャッシュフロー情報をシミュレーションすることができます。

まずは決算予測

まずは、決算予測をしてください。

売上予測
コスト予測
税金予測

簡易キャッシュフロー画面に移動する

決算予測が終われば、画面左上の「簡易キャッシュフロー」ボタンをクリックします。

すると、簡易キャッシュフロー予測画面に移ります。

簡易キャッシュフロー予測画面は、決算予測画面で作成した決算予測情報を上記の通りキャッシュイン項目とキャッシュアウト項目に並び替えて表示されています。

また、決算予測には現れない投資(設備投資など固定資産の取得など)や財務(借入や返済など)のキャッシュフローを設定することができます。

キャッシュイン項目とキャッシュアウト項目

まずは、決算予測を並び替えたキャッシュイン項目とキャッシュアウト項目を設定していきます。

入出金のタイミングを調整

決算予測は、会計情報(損益推移表)をベースに作成されているため、キャッシュフローとのタイミングのズレが生じています。

Manageeeでは、勘定科目ごとに会計上の収益・費用の計上タイミングをキャッシュイン・アウトのタイミングに調整していきます。

例えば、営業収入項目であれば、売上高について会計上売掛金を計上している場合、回収条件に応じて会計上の売上とキャッシュインのタイミングがズレます。主な売掛金の回収条件が「末締めの翌月末回収」であれば、「収支タイミング」で「翌月」を選択します。 そうすると、決算予測でシミュレーションした売上高の金額を1ヶ月遅らせることができます。 このように、勘定科目ごとに決算予測から収支のタイミングを簡単に調整することができます。 また、もう少し細かく設定したい場合には、詳細ボタンをクリックします。 例えば、得意先の売上構成比率として、「末締めの翌月回収」と「末締めの翌々月回収」が概ね50%ずつ存在するような場合であれば、1ヶ月後に50%、2ヶ月後に50%と設定すれば、より実態に近いキャッシュフローを試算することができます。 なお、収支タイミングの詳細設定については、合計が100%となるように設定してください。

非資金項目の調整

決算予測は、会計上の損益項目から構成されているため、費用計上はされているが、キャッシュアウトはしない項目があります。これをManageboardでは「非資金項目」と読んでいます。 非資金項目は、減価償却費などが該当します。 「非資金項目」にチェックをつけると、キャッシュフローの算定から除外されます。

税金項目のキャッシュフロー

簡易キャッシュフロー予測では、税金項目のキャッシュフローを調整することができます。 調整方法には2パターンあります。 まず、決算予測に計上した租税公課や法人税等などの項目の収支タイミングをズラして、簡単に税金関連のキャッシュフローを試算する方法です。 もう一つが、決算予測に計上した租税公課や法人税等などをいったん取り消してから、税目ごとに税金のキャッシュフローを登録する方法です。 こちらで、決算予測に計上した租税公課や法人税等などについて、いったん「非資金項目」にチェックをつけ、キャッシュフローから除外した上で、「税金の追加」ボタンをクリックし、詳細な納税の収支を入力していきます。

投資・財務キャッシュフロー

決算予測に出てこない投資や財務に関するキャッシュフローは、以下のように入力します。

投資キャッシュフロー

設備投資や車両の購入、店舗や事務所の内外装工事など、貸借対照表に計上されて減価償却されるような投資に関するキャッシュフローは、「投資」の欄にある「投資情報の追加」ボタンをクリックして、詳細情報を入力します。 こちらをクリックすると、以下のような画面が立ち上がります。 ここで、内容の欄に投資する設備などの情報を入力し、実際にキャッシュアウトが生じるタイミングに支払金額を入力します。

財務キャッシュフロー

銀行からの借入や返済など財務に関するキャッシュフローは、「財務」の欄にある「財務情報の追加」ボタンをクリックして、詳細情報を入力します。 こちらをクリックすると、以下のような画面が立ち上がります。 ここで、借入金の基本情報に借入金融機関や借入総額、借入日などを入力します。また、各月の収支に、借入額や返済額を入力します。

現預金残高の設定

一番下に、月末の現預金残高を入力することができます。

実績が出ている月については、チェックマークをつけた上で、現預金残高を入力すると、将来のキャッシュフローに応じて、将来期間の現預金残高の試算することができます。

将来期間にチェックマークがついていると、チェックマークをつけた時点の残高で固定されてしまいますので、ご留意ください。