初期設定

決算期の設定

まずは、サイドバーの「導入ガイド」をクリックします。

すると、スタートガイドに移りますので、決算予測の導入ガイドをクリックします。

まずは、分析や予測をしたい決算予測をする会計年度を選択します 。

会計年度を設定すれば、ここから先はガイドに沿って準備を進めていきます。

取り込む会計データは「推移表」形式と「仕訳データ」形式が可能ですが、それぞれ異なるインポート方法となっています。

推移表をインポートする場合

まずは、会計データを推移表で取り込む場合のインポート方法を解説します。「進行期 実績データのインポート」をクリックするとこのような画面に移ります。

Step1 会計ソフトを選択する

まずは、会計ソフトを選択します。

推移表形式でインポートできる会計ソフトは現在以下の通りとなっています。会計データを作成した会計ソフトを選択してください。

  • MFクラウド会計(株式会社マネーフォワード)
  • freee(freee株式会社)
  • 弥生会計(弥生株式会社)
  • ACELINK NX-Pro(株式会社ミロク情報サービス)
  • Atlasシリーズ(日本ICS株式会社)
  • その他(注1)

    (注1)その他の会計ソフトをご利用の場合、Manageboardのインポートフォーマットに合わせてCSVデータを作成することで、インポートすることが可能です。

Step2 インポートするファイルのタイプを選択する

次に、取り込むファイルの形式として「推移表」を選択してください。

Step3 会計ソフトから推移表データ(CSV形式)をエクスポートして選択する

まず会計ソフトから指定の形式で推移表データをエクスポートしてください。エクスポートの方法については、画面の右側のマニュアルをご参照ください。

次にエクスポートした推移表CSVファイルを選択してください。

Step3 会計実績が確定している年月を選択

最後に、インポートした推移表において、会計実績が確定している年月を選択します。

Stepが完了したら、「インポートする」ボタンをクリックします。これで、会計データがManageboardに取り込むことができます。こちらと同じ手順で、前期の会計データもインポートしてください。

仕訳データをインポートする場合

次に、会計データを仕訳形式で取り込む場合のインポート方法を解説します。「進行期 実績データのインポート」をクリックするとこのような画面に移ります。

Step1 会計ソフトを選択する

まずは、会計ソフトを選択します。

仕訳形式でインポートできる会計ソフトは現在MFクラウド会計のみとなっています。

Step2 インポートするファイルのタイプを選択する

次に、取り込むファイルの形式として「仕訳帳」を選択してください。

Step3 消費税に関する設定を行う

次に消費税の設定を行います。免税事業者か課税事業者の設定を行い、また経理方式として税込、税抜き(内税)、税抜き(別記)を選択します。

会計ソフトの設定とあわせてください。

Step3 会計ソフトから勘定科目データ(CSV形式)をエクスポートして選択する

まず会計ソフトから指定の形式で勘定科目データをエクスポートしてください。エクスポートの方法については、画面の右側のマニュアルをご参照ください。

次にエクスポートした勘定科目CSVファイルを選択してください。

Step3 会計ソフトから勘定科目データ(CSV形式)をエクスポートして選択する

次に会計ソフトから指定の形式で仕訳データをエクスポートしてください。仕訳データについても、エクスポートの方法は画面の右側のマニュアルをご参照ください。

次にエクスポートした仕訳CSVファイルを選択してください。

Step4 会計実績が確定している年月を選択

最後に、インポートした仕訳データについて、会計実績が確定している年月を選択します。

Stepが完了したら、「インポートする」ボタンをクリックします。これで、会計データがManageboardに取り込むことができます。こちらと同じ手順で、前期の会計データもインポートしてください。

予測期間の初期値設定

最後に予測期間の初期値設定を行います。

予測期間のベースとなる数値(初期値)を選択します。選択できるデータは以下の4パターンとなっています。

  • 前年同月の値

    予測期間が前期と同じような事業構造、損益推移が想定される場合は前年同月を選択してください。

  • 前期の年間平均値

    予測期間の損益を前期の平均値をベースに設定したい場合は、「前期の年間平均値」を選択してください。

  • 実績最終月の値

    予測期間が前期ベースではなく、最新の損益構造から予測したい場合は、「実績最終月の値」を選択してください。

  • ゼロ

    予測期間をゼロベースで作成したい場合は、「ゼロ」を選択してください。

最後に変動費の設定を行うこともできます。変動費の設定をする場合はこちらのボタンをクリックします。

まずは、変動費と固定費について、簡単に説明します。

変動費とは、売上高の変動にともなって変化する費用で、一般的には仕入や広告宣伝費、アルバイトの給料など、売上が増えれば増えるようなコストが該当します。

固定費とは、売上高の変化しても増えたり減ったりしないような費用で、家賃や水道光熱費、リース料など、支払額の変動が売上高の増減に左右されるものでなかったり、毎月決まった額の支払を行うようなコストが該当します。

変動費設定画面を立ち上げます。こちらの画面で、変動費に該当する費用にチェックをつけます。チェックを付けると、変動費率の箇所が編集可能となりますので、こちらで変動費率を変更することが可能です。