財務分析:損益分岐点分析

固定費と同額の粗利益を稼ぐ(=損益がゼロとなる)ために必要となる損益分岐点売上高の水準を把握し、経営の安全性を確認するためのレポートです。

損益分岐点売上高は以下の計算式から求められます。
■損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 限界利益率

売上高が損益分岐点売上高を上回れば上回るほど経営の安全性が高いということができます。

事業構造上、損益分岐点売上高の変動が大きい場合は、損益分岐点売上高の計算期間( 1か月、3か月、6か月、1年)を変更してみましょう。

お困りの方へ

サービスに関する不明点や、疑問点などは
Manageboardサポートページをご覧ください。

サポートページへ

お問い合わせ

ご不明点などは、お問い合わせフォームより
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ