簡易キャッシュフローの使い方(予測方法)

簡易キャッシュフローの画面

「今期のキャッシュフロー」と「実績翌月から12ヶ月のキャッシュフロー」が作成できます。
簡易キャッシュフロー予測画面は、決算予測画面で作成した決算予測情報を下記の通りキャッシュイン項目とキャッシュアウト項目に並び替えて表示します。
また、決算予測には現れない投資(固定資産の取得など)や財務(借入や返済など)のキャッシュフローを設定することが可能です。

詳細設定

各勘定科目別に、収支タイミングを調整します。例えば売上高について、末締め翌月末回収の場合には「翌月」を選択すれば翌月回収となり、詳細ボタンをクリックすると、売上高の構成比率の設定が可能です。

減価償却費等の「非資金項目」にチェックをつけると、キャッシュフローの計算から除外されます。

投資/財務/その他調整の登録

決算予測に表示されない投資などは、投資キャッシュフローに登録します。

財務情報に関しては、下記借入金管理からの登録で設定します。

借入金管理登録方法

借入金登録は、簡易キャッシュフローの「財務情報の編集」から登録が可能です。登録画面から「借入の種類」を選択し登録します。
簡易キャッシュフロー画面に戻りましたら、「同期」をしてください。

お困りの方へ

サービスに関する不明点や、疑問点などは
Manageboardサポートページをご覧ください。

サポートページへ

お問い合わせ

ご不明点などは、お問い合わせフォームより
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ