決算予測の流れ/登録方法

決算予測のフロー

会計データインポートからの決算予測作成方法

Step1 決算予測したい顧問先の「ログインする」をクリックします。

Step2 「導入ガイド」→「決算予測」またはスタートガイドの「決算予測」をクリックします。

Step3 決算予測をする会計年度を登録します。

Step4 進行期の実績データをインポートするため、「設定する」をクリックします。

Step5 進行期(予測する会計期間)の会計データをインポートをします。インポートは推移表/仕訳帳からインポートが可能です。(ただし、会計ソフトにより推移表のみでのインポートになります。)

①会計ソフトを選択します。変更する場合は右下のチェックを入れていただくと変更できます。
②インポートするファイルのタイプ(推移表/仕訳帳)を選択します。
③選択した会計ソフトから「右側のガイド」を参考にデータをエクスポートします。エクスポートしたデータを「ファイルを選択」ボタンを押し、選択します。
④会計の実績が確定している月を選択します。(実績月が間違ったデータを選択するとうまく反映されませんのでご注意ください。)
⑤上記すべて設定したら、「インポートする」をクリックします。
クリックすると左上のプログレスバーが動くので完了したら、「OK」をクリックします

Step6 同様に「前期」データもインポートを行います。

Step7 予測期間のベースとなる数値(初期値)を設定。また、変動費(売上の増減に比例して増減する費用) を設定する場合は「変動費の設定」ボタンをクリックします。
変動費を設定したい勘定科目にチェックを入れ、変動費を入力します。入力後は必ず右下の「保存」ボタンを押し、保存します。
<注意事項>
すでに予測期間の数値を設定している場合には、初期化されます。

Step8 「予測する」ボタンを押し、決算予測を行います。実績月(決算予測を入力しない月)は以下のボタンから変更も可能です。

ワンクリックシミュレーション:予測期間の数値をワンクリックで設定

ワンクリックシミュレーションは6パターンあります。

・前期同月の値:前期の同月の値に置き換えます。
・前期の年間平均値:前期の年間平均値(前期の年合計額÷12ヶ月)に置き換えます。
・進行期実績の平均値:進行期実績の平均値(進行期の実績合計額÷実績月)に置き換えます。
・実績最終月の値:月次数値を確定している実績の最終月の値に置き換えます。
・今期見込(平均):「進行期見込」に目標値となる年間額を入力し、「今期見込(平均)」を選択すると、将来期間の数値が進行期見込額から逆算した平均値に置き換えます。
・今期見込(前期波動):「進行期見込」に目標値となる年間額を入力し、「今期見込(前期波動)」を選択すると、進行期見込額から逆算した金額を前期の季節変動を加味した値に置き換えます。

ワンクリックシミュレーションの一括設定

一括して操作したい勘定科目にチェックを入れると、背景が「青」に変わり、ワンクリックシミュレーションを選択すると一括で変更します。
選択を解除する場合は、チェックを外すか「一括設定解除」ボタンを押します。

お困りの方へ

サービスに関する不明点や、疑問点などは
Manageboardサポートページをご覧ください。

サポートページへ

お問い合わせ

ご不明点などは、お問い合わせフォームより
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ